健康な猫生のための猫の生食講座
オンラインにて講座開催中
ホリスティックウェイブス
ご質問、ご相談はお気軽にこちらから

SNSや公式HPはこちらから

  • Instagram
  • HomePage

ホリスティックウェイブス

猫ってどんな生き物?

01.

猫のごはんを考える上で

私たち飼い主が知るべきこと

猫のごはんを私たちが用意する時に、まず知っておかなければいけないことは、「猫はどういう生き物なのか」ということです。

猫がどういった習性を持ち、どういった食べものを好んで食べるのか、どういった食べものが猫の体に合っているか、というところを知ることが、猫のごはんを選ぶ時に大前提となる部分です。

E636AA70-

02.

猫のごはんを考える上で

猫の食性を考えてみよう

動物には、「草食」「肉食」「雑食」とその動物が何を食べるかで、その動物の食性をそのような言葉を使って表します。

猫は一体何食でしょうか?

そう、猫は「肉食動物」です。

何万年前もの昔から現在にいたるまで、猫の食性は変わることなく肉食性なのです。

猫の体にどんな食べものが合うかを考えた時に、この「肉食」という食性から猫のごはんを生食にしてあげることは非常に猫の体に合ったものであるのです。

 

A25B089B-

03.

猫のごはんを考える上で

生食とはどのようなごはんかを知る

生食とは、英語でrowfoodと現わされますが、食材を加熱加工せずに生のまま食べる食生活のことを言います。

猫の生食とは、生の肉を加熱することなく生のまま食べることを指します。

生のままの肉を食べることは、猫の食性や習性によりかなったごはんなのです。

様々なごはんの作り方がある中で、生食と呼ばれるごはんは猫が生きていく上でより体の栄養となるのです。

IMG_7148
お問い合わせフォームよりご連絡ください

SNSや公式HPはこちらから

  • Instagram
  • HomePage
生食は危険ではない?

なぜ猫は生肉を食べられるの?

猫のごはんもフードから手作りまで様々なごはんの形がありますが、生の肉を与えることを不安視したり危険視したりする声も一部では見られます。

生の肉を食べて食中毒になったりしないのかと思われる方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、生肉に考えられる危険性というものは、人を基準とし、人に対して考えられる危険性なのです。

肉食である猫にも人と同じレベルで危険があるかというと、全くそうではないのです。

それは、猫の消化能力の強さから言えます。

猫の胃酸は強い酸性であり、生肉に心配されるような雑菌類はしっかりと胃酸で殺菌し、その後しっかりと消化することができるのです。

生食にすることで見られる体の変化

生食にすることで、最も効率的に、また自然な形で必要な栄養素を摂ることができます。

そのようなごはんは、フードを食べている子に比べ、様々な体の不調を軽減させるという報告があります。

講座の中では生肉に考えられるリスクもしっかりお話しします。

そしてそれらを対処する方法もお伝えしていきます。

安心して生食をやっていただく知識をお話ししていきます。

しかし、生肉が良いと言っても、その子によっては生食よりも加熱してあげた方が良い場合もあります。

加熱する場合の方法や加熱した方が良い場合などもお話しします。

SNSや公式HPはこちらから

  • Instagram
  • HomePage
Access

オンラインで全国どこでもご自宅から健康なごはんの作り方が学べます

概要

店舗名 ホリスティックウェイブス
住所 東京都町田市木曽東
最寄り 神奈中バス「浄水場前(町田市)」より徒歩30秒
JR横浜線、小田急小田原線「町田駅」より車で約10分

アクセス

Zoomを使ったオンライン講座のため、全国どこでも好きな場所から受講いただけます。全二回、各三時間半ずつで、栄養学の基礎から食材の特徴やそれぞれの健康状態や年齢に合わせたごはん作りなどを講義いたします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事